埋没毛を作らずにムダ毛処理をする方法

埋没毛は埋もれ毛とも呼ばれており、毛抜きやカミソリでムダ毛処理をしている人に起こりやすいトラブルです。
このトラブルが起こる原因は、毛抜きやカミソリでムダ毛処理をした際に、毛穴を傷つけてしまうことがあると毛穴の部分に傷が出来たりカサブタとなったりして毛穴の出口が塞がれてしまい、次の毛が生えてきた時に皮膚の表面に出られなくなって埋没毛となるという仕組みになっています。
埋没毛は皮膚の下に毛がうっすらと見えて気持ちの良いものではありませんが、ほとんどの場合は放っておくといずれ自然に分解されて消えていきます。
しかし、人によってはその部分がかゆくなったり、炎症を起こしたり、色素沈着が起こる危険性もあるため、心配な場合は皮膚科で相談して処理してもらいましょう。
埋没毛を作らずにムダ毛処理をする方法としては、一番良い方法は脱毛サロンやクリニックでの脱毛を利用して、ムダ毛をもう自己処理しなくても良い状態にしてしまうことです。
埋没毛はワキやビキニライン、ヒザ下などで起こりやすいので、それらの気になる部分から脱毛を始めるのも良いかもしれません。
反対に、毛を埋もれさせやすいムダ毛処理の仕方としては、特に毛抜きの使用や、カミソリで毛の流れとは逆方向に剃ることなどが毛穴を傷つけやすいとされているので、自己処理しか選べない場合はこのような処理の仕方をしないように気をつけましょう。